エルねっとは、肺がんではないかと心配な方、肺がんと向き合う方や そのご家族の方など、肺がんについて詳しく知りたい方を対象としています。
がんの治療を、その人「らしい生活」の中で、AstraZeneca Oncology

がんの検査方法 肺がんのしらべ方

  • なぜ検査をうけるのか?
  • がんの検査方法

MRI

Magnetic Resonance Imaging(核磁気共鳴画像診断法)のことです。磁場の中での水素原子核の状態を反映する・・・のだそうですが、原理を完全に理解して説明できる医師はあまりいません。大まかにわかっていれば良いということではあります。

磁場の中での検査ですので、金属類の持ち込みは制限されます。心臓ペースメーカー、大腿骨などの人工骨頭の手術を受けた人、脳動脈瘤のクリッピング手術を受けた人、金属ステントの留置を受けた人などはMRIを受けられません。刺青のある人もダメです。

現状では検査にかなりの時間がかかります(秒単位というわけにはいかない)ので、動く臓器は対象としてよろしくありません。心臓などですね。

また、水素原子がたくさん存在する必要がありますので、肺も対象としては良くありません。肺の中には水素よりも酸素、窒素のほうが圧倒的に多く存在しますし、動きますので。

ですから、肺がんそのものの診断にはMRIの有効性は少し落ちます。

肺がんの診断でMRIが有用であるのは、転移の検査です。

特に脳転移の検査には有用です。脳は動きませんし、水分が十分にありますから。

次に縦隔のリンパ節転移の検査です。比較的動きは少ないですし、水分は十分にあります。

ただ、縦隔リンパ節は造影のCTで画像診断としては十分な情報を得られますから、MRIの使用は限定的です。

骨・骨髄の転移検査にも有用ですが、今のところ全身の骨を撮ることが難しいので、強く転移が疑われる部分のみの検査となることが多いようです。

CTとよく似た装置ですが、検査室のシールドは厳重で、検査中ドンドコと太鼓のような音がします。

X線を使うCTと違い、ラジオ波(FM放送と同じ)を使いますので、被曝の危険はありません。

ガドリニウムという造影剤を使用して検査の制度を高めることがあります。X線検査で使われるヨード系の造影剤より副作用の頻度・程度は少ないようです。

MRI

MRI(写真提供:東芝メディカルシステムズ株式会社)

写真提供:東芝メディカルシステムズ株式会社

ページTOPへ戻る